2019.02

Religion and Community after the Great East Japan Earthquake

小林惇道氏、弓山達也氏と共著で執筆した論考「いわき市における震災モニュメントの現在と今後」が星野英紀・弓山達也編『東日本大震災後の宗教とコミュニティ』(ハーベスト社)に掲載されました。「震災と宗教研究会」の研究成果として、福島県いわき市の東日本大震災に関するモニュメントの調査結果を分析したものです。(93~105頁)

The article "The Present and Future of Earthquake Monuments in Iwaki City", which I co-authored with Mr. Atsumichi Kobayashi and Dr. Tatsuya Yumiyama, was published in "Religion and Community after the Great East Japan Earthquake".

『東日本大震災後の宗教とコミュニティ』